2020年11月19日

釜戸で新米を炊いておにぎりパーティーをしました。


年長組の子どもたちが、田植え・稲刈り・精米脱穀までして作った新米を、釜戸で炊いて食べる活動を行いました。

子ども達は、釜戸で炊くためのお手伝いとして、洗ったお米やお水を釜戸の中にいれたり、薪や火付け、火吹きをしてくれました。

そして炊きあがったお米は、年長組はおにぎりにして食べました。自分たちの今までの活動をふりかえることでよりおいしさが引き立ったかなと思います。


また、豚汁の具材は、全て畑の野菜を使いました。サツマイモ・サトイモ・ハクサイ・カブ・ニンジン・ダイコン・ネギ・ゴボウの8種類です。みんな具沢山の豚汁もたくさん食べれていましたね。


他の学年でも釜戸で炊いている様子をみてもらい、みんなで新米のおいしさを感じることができましたね。

DSC_1943.jpgDSC_1953.jpgDSC_1959.jpgDSC_1961.jpgDSC_3535.jpgDSC_3546.jpgDSC_4627.jpgDSC_4634.jpgDSC_4637.jpgDSC_4638.jpg
posted by sayuri at 10:30| 食育日記

2020年11月10日

キウイ狩りに行きました。

年長組で、幼稚園から一番近くにある果樹農家さんのマキノキ園さんにキウイ狩りに行きました。

マキノキ園の利根川さんからキウイの生育についてや、キウイという名前の由来、採り方などについてわかりやすく写真を交えてお話ししてもらいました。

みんな大きなキウイ(緑系のヘイワード)を3個採りましたね。

 

また、おやつに黄色の東京ゴールドを食べさせてもらいました。

 

最後に保存方法と食べ方についてお話しを聞きました。袋に姫リンゴも5個入っているかと思いますが、リンゴのエチレンによってキウイが追熟します。つまり、今収穫仕立てのものは硬くて食べれません。大体2週間後のクリスマス会リハーサルの後ぐらいに食べられます。その間は決して冷蔵庫にはいれずに常温で保存をお願いします。

今から食べるのが楽しみですね!

DSC_4581.jpgDSC_4584.jpgDSC_4585.jpgDSC_4588.jpgDSC_4589.jpgDSC_4590.jpgDSC_4594.jpg
posted by sayuri at 12:28| 食育日記

2020年10月29日

稲の脱穀・精米レースを行いました。

稲刈りを終えた稲から白米にする工程を毎年学んでいます。

ただ学ぶだけでなく、クラスを4つに分けてチームで白くする工程をレースして学んでいます。

工程は、脱穀、もみすり、風選、精米です。それぞれの役割をみんなで頑張ってお米を白くする工程を学びましたね。

白くするためにはとっても大変なことを学ぶことができたと思います。

来月は、その新米を使っておにぎりを作って食べます。お楽しみに!

DSC_4468.jpgDSC_4469.jpgDSC_4473.jpg
posted by sayuri at 10:26| 食育日記